Skybridge Annex 想いを寄せて

ANA × GUNDAM

いやぁ~,暑い!熱い!感覚的には後者の字の感じですねぇ。。
梅雨明けいきなり夏本番,みたいなお天気です。
熱中症に気をつけて,水分をしっかりとりながら撮影に励みましょう!
を実践している訳ではないのですが,昨日,漸くGUNDAM JETを見てきました。
なんか,最近のってどの会社もねぇ。。。もう少しやるなら徹底して遊び心満載でして欲しい気がします。。。
先ずはポートサイド
c0169436_1456775.jpg

アップでもどうぞ(正面じゃないので見にくいですが)
c0169436_14572310.jpg

そしてスターボードサイド
c0169436_1501047.jpg

もちろんアップもございます(笑)
c0169436_1505750.jpg

んで飛んでっちゃいました。
c0169436_1514342.jpg


しっかし,もうちょっとなんとかならんもんかったんかいなぁ。。
特にスターボードサイド・・・メジャー使って頭から測るか?
GUNDAMの線が細すぎて,最初,なに書いてあるのか,わからへんかった。。





そんなもん知っとるわい,という方は読み飛ばして,下をポチしてくださぁ~い。

船の右舷側を「スターボード(star-board)」と言う。昔の船は真ん中に舵がなくほとんどの船が右側に付いていたのです。そこで右舷側のことを「操舵する舷―スティアボード(steer-board)」と呼んでいた。それがいつの間にか訛ってきて「スターボー」となったと言うのが今の所定説です。
何故右側か分かりませんが、右利きが多かったのか?と言うよりも、実は船長室が右舷側に多かったからの様です。
俗説として、航海の頼りは星の位置だったから航海士は星の見え方で自分の位置を測っていたので、当然舵取りにコースを教えるため一番近い右舷で計測をしていて、星を見る舷「スター(星)・ボード」と言う説がある。
船の左舷側は「ポート(port)」と言う。舵が右舷(「スターボー」)に付いていたから、港に着ける時は反対の左舷に着けなければならない。港(port)に着けるから「ポート」になった。
実は昔は「ポート」ではなかった。「ラーボート(lar-board)」と呼ばれていた。船を港に着けて荷物を上げ下げする「積荷をする舷―ラドボード(lad-board)」が訛ったものです。
「スター・ボード」と「ラー・ボード」。これだとややこしいし、よく間違えたらしい。
そこでイギリス海軍とアメリカ海軍は、「ラー・ボード」をやめて、港の「ポート」に変えたのが今でも残っているのです。
飛行機は空飛ぶ船なので、客の乗り降りはやはり、「ポート・サイド」からです。
( ttp://tsujido.pos.to/cgi-bin/myc/myc.cgi?mode=kiji&no=8 より)

思い出しました?

Skybridge Photo Studio Photo by H.Masui←こちらにもどうぞ!

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ ←ポチっとお願いします。
[PR]
トラックバックURL : http://airliner.exblog.jp/tb/14799425
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by airplanebug at 2010-07-19 18:13
暑いですなー。
本日、ガンダムフライトまでがんばろ、と思ってましたが、あまりの暑さにまけて退散しました。
これで、ガンダムの寝姿(大仏様みたい)は撮れず。
Commented by skybridge_photo at 2010-07-19 23:39
つがみさま,こんばんは。
ほんま,暑いでんなぁ・・・
夕べはありがとうございました&朝三?出撃お疲れ様でした。
私は,今朝も,起きてはいたものの出撃せずでした。
代わりに夕方,ちょいとスポット参戦してきました。

ダンガムいつでも撮れるでしょう・・・
by skybridge_photo | 2010-07-19 15:06 | Air Liner | Trackback | Comments(2)